読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラの夢の中で

アイドルばんざい

Perfume 6th TOUR 2016「COSMIC EXPLORER」

またまた備忘録。

 

2015年、Perfumeが結成15周年メジャーデビュー10周年のアニバーサリーイヤーで「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」と題して10日間に渡る記念イベント、ライブがありました。

メジャーデビュー記念日の9/21(月・祝)を皮切りに、9/30(水)までの期間で東京8日間、
そして出身地である広島で、10/6(火)、10/7(水)の2日間、合わせて10日間、アニバーサリースペシャルと題して、
Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」のライブ&イベントを開催いたします。

メジャーデビューシングル「リニアモーターガール」を初披露した場所、TSUTAYA O-WESTで行う「P.T.A.サミット」。

リスペクトするアーティストと夢の対バンライブを実現させる「Perfume FES!! 2015 ~三人祭~」。
メンバー自ら、審査員を務め、ファンの方とダンスで交流する、「第3回 Perfumeダンスコンテスト ~魅せよ、武道館!~」。
アニバーサリーに相応しいライブになること間違いなしの「LIVE 3:5:6:9」。
Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」にご期待ください!!

2年程前から構想を練っていたらしいとても思考の凝らされたバラエティに富んだイベントだったけど「Perfume全国ツアーしてくれるよね!」と何の疑問もなく勝手に信じていた私は勝手に裏切られた気分で、当時大阪在住で遠征が予定的にも金銭的にも出来なくて、タワーレコードであった衣装展示も東京と広島だけで「アニバーサリーお祝いしたかったのにお祝いする機会がない…」とひたすら悲しくて悲しくて不貞腐れていました。(私の勝手な期待による勝手な不貞腐れです)

 

Perfumeがラジオでこのイベントが楽しみ!と話している時も、ライブ参戦者のTwitterのフォロワーさん、仲の良い人がみんな口を揃えてライブに向けてワクワクしてる時も、参戦後「セトリが神。演出が神。今までで一番。ファンでよかった。」みたいな感想を興奮気味に話している時も、蚊帳の外で置いてけぼりでウジウジ悲しんでいました。仲良しの人が参戦するのは「楽しんでね!」と全力で本心で声をかけられるのに、そういう自分とは別の自分が妬んでしまったりもしていたのです。

WOWOWPerfumeの粋な計らいでオーラスの1週間後にライブとイベントのダイジェストが放送されて映像を見れて、ライブは最高で3人の顔が本当に幸せそうでわたしの醜い感情が恥ずかしくなりながらも感動したけれど、イベント後いろいろな媒体で語られた3人の「今までで1番楽しかった年だった。やりたかったのはコレだ!と思った。1番幸せだった。」という空間に入れなかったのは事実で、ずっといじけていました。良過ぎるセトリ、素敵な演出…全てとても良いライブなのにこんな醜い私が顔を出すのが嫌で、結局ライブ映像もWOWWOWで1度、DVDで1度見たきりで繰り返しは見れてませんでした。

 

そんな私は2014年ぶりに参戦できるPerfumeのライブを本当に本当に楽しみにしていました。高3で受験生の自分の中のけじめとして下半期にライブがあったとしても行かない、と決めていたのでアリーナツアーが上半期だった事はとてもとても嬉しくて、発表の日塾から帰る途中に携帯を見て道端で泣き出すほど嬉しかったことも覚えています。(クリスマスにプレゼントとして発表してくれるなんて粋!NEWSも前にしてくれてた。私の好きな人たちは粋だなぁ〜!)

 

会場は徳島と和歌山に参戦しました。徳島では座席がアリーナLって書いてあって「えらい遠いな…」と思ったらアリーナがRとLしかなくてびっくりしました。笑 アリーナ後方でしたが肉眼で表情まで見えるくらいステージが近くて、最寄り駅からも30分ぐらい歩いたりアクセスは悪いですが良い会場でした♡

 

ライブでは、

Storyから始まって、ファンのみんながノリノリで体を動かし始めた時、あぁ、Perfumeのライブだ…!ずーっと去年行きたかったPerfumeのライブだ…!と実感してそこで1人泣きそうになったり、Flashのゆかさまのキックに釘付けになったりしていたら、Dream Fighterのポーズを取るPerfumeの姿が見えて。Dream Fighterはわたしが参戦したツアーのセットリストに入ってたことがなかったんです。ポーズが見えた瞬間涙を堪えるのに必死で、イントロ始まった瞬間涙が溢れてしょうがなかったです。でもちゃんと目に焼き付けたいから涙吹いて、残念ながらこの曲は後ろ姿だったのですが、モニターではなく後ろ姿をずっと眺めてました。

わたしはPerfumeの楽曲も大好きで、キャッチーな曲とダンスに惹かれてPerfumeの事を深く知ろうとし始めたのですが「好きだな…好きでい続けるんだろうな…」とファンになったのは3人の人柄、絆、夢を追い続ける姿勢でした。夢を追い続けることのカッコ良さを教えてくれたのはPerfumeで、憧れの存在です。だから、受験生であるあのタイミングでこの曲をライブで聴けたことはすごく原動力、励みになりました。夢を追い続ける3人の背中をこの曲でじっくり眺めて、自分ももっと頑張ろう…!と決意しました。ありがとう。

 

その次の曲はNext Stage with You。この曲はあ〜ちゃんの表情が絶対に抜群に可愛いぞ!と思って見てたんだけど本当に可愛い。天使でした。そして3人でくるくるハンドル回しているのがまたすごくかわいい。これからも好きなように3人でPerfumeという車を運転してください…って思ってたら「みんなも一緒にハンドル回そう!」と言われてあぁ、すき…となりました。(考えすぎてしまうおたく)

 

Baby Faceはアルバムの中でもお気に入りの曲だったし可愛いと予想してたのに予想を遥かに超えてくる可愛さで、1曲が早かった…。個人的にシゲにも想いを馳せていたのでかなり早かった…また見たいなぁ…。あ〜ちゃんがネコの手してにゃんにゃんしてた…。次のセトリとかでも…見たい…。

 

TOKIMEKI LIKESはポップで可愛いのに歌詞がグサグサ刺してくる曲で。

ずっと流れない 時の中で

こんな世界に囲まれたいのに

いつか失ってしまうのが 怖いものほど

美しい きっと

この歌詞を歌うPerfumeがとても儚くて美しくて、女性アイドルの儚いからこその美しさ、刹那的な輝きなどを思いながら見ていました。美しいだけでも良いのに、ずっと見ていたいのに、儚いからこそその美しさを纏えるのか…うーんうまく言えない…。この曲を聴くとついいつも考えてしまうなぁ。

 

表題曲のCosmic Explorerはムービングステージに乗ってこちらへ向かってくるPerfumeがとても勇ましくてカッコよくて、簡単な言い方しかできない自分がいやだけど本当に文字通り棒立ちでした。3人、とてもカッコよかったな。

 

Miracle Workerもお気に入りの曲で、のっちの「起こせミラコォ」が聞きたくて聞きたくてキメ顔つきで聞けたのがとても嬉しかったです。後から聞くと最初はセトリ落ち曲だったようで。真鍋さんゴリ推ししてくれてありがとう!!!ファンがレビューをする公式サイトを作ってくれた運営もありがとう!ファン人気がかなりあるだけあって、盛り上がりもすごかったなぁ。この曲は試験の前にもよく聴いていました。ミラクルを起こしたくて 笑

 

そしてP.T.A.のコーナー。まさかのマツケンサンバ!笑 ほんとうにこの3人にはいつも笑わされます。ぱふゅちゃん最高です。徳島はかなりノリがよかったみたいであ〜ちゃんのマジ最高!徳島最高!が何回も聞けて、余計それで盛り上がって…ととにかくアツかったな。
あれだけ大人数でアミーゴッッ!セニョリータッ!!!と叫ぶマツケンサンバは初めてでした…笑

個人的には、昔に香取慎吾くんのカツケンサンバのバックダンサーの大勢の子供たちの1人として東京ドームで踊ったことを思い出して懐かしい気分にもなりました…笑 

あ〜ちゃんマツケンサンバが揃いすぎて体の柔らかい部分まで鳥肌たった…!!」

ファン「フゥ〜〜〜〜!!!」

あ〜ちゃん「ヤーーーダ!見んなや!笑笑」 

これ、おもしろかった!笑

 

徳島は会場みんなで阿波踊りもしました。かしゆか女形の踊りを 見て「わたしかしゆかのこれ超好き!もっかいやって!見たい!」って言ったのっちがすごくのっちだった。2人のことがだいすきなのっち。Perfumeのファンののっち。そして本人は男形披露。2人とも可愛かったなぁ。

 

和歌山では

あ〜ちゃん「みんなー!ラブラブしようね!!」

わたし「て、手越くん……!?」なんてことも。笑

 

 

そして、わたしのこのツアー最大の思い出、スゴロクコーナーが来ました。

このツアーで久しぶりにPerfumeに会えたことも、最新が最高であることをリアルタイムで体感出来たこともものすごく嬉しかったです。

 でも1番嬉しかったのは「3人が最高に楽しかったアニバーサリーイヤーのPerfume」を地方にもちゃんと今回持ってきてくれて、味わわせてくれたことでした。

「双六コーナー」でサイコロが出てきた瞬間涙が出てきた。本当に嬉しかった。「最高に楽しかった2015年」を東京と広島以外にも持ってきてくれた気がして。少しだけでも2015年の3:5:6:9の空気を味わえた。

3人がちょけてサイコロの周りでポーズを取るのを見て笑いながら、楽曲の中からやって欲しい曲を祈りながら、3人が段取りを決めているのを見ながら、「あぁ、去年の楽しかったっていうPerfumeだ」と嬉しくて嬉しくてしょうがなかったです。

 

 私は多分Perfumeファンでいる限り(多分死ぬまでファン)3人が今までで一番楽しかったと言っていた2015年のアニバーサリーを蚊帳の外で過ごして寂しかったことがコンプレックスであり続けるんだろうけど、双六コーナーがこのツアーに存在した事は確実にそれをかなり消化してくれました。 

 

この双六コーナーがこのツアーでも採用されたことに対して去年参戦した人からしたら、同じかよ、っていう声も勿論あると思うしそういう人も居るだろうしこれはアニバーサリーイヤーのライブに参戦しなかった人としか共感しあえないのだと思うけれど。

3人がこのコーナーをアリーナツアーに入れてくれた理由なんかは勝手に想像するだけしか出来ないけれど、勝手に傷ついた気分でいたわたしが、勝手にまた想像して救われました。とにかく本当に嬉しかった…!ありがとう。

 

そしてその双六コーナーにて、わたしのPerfumeライブ人生において、初めてFake itを生で聴くこと、飛ぶことが叶いました。徳島も和歌山もフェイキだった…!嬉しすぎたなぁ。

 

Puppy Love も初めてでした。上下上上やっと出来た…!初体験の曲が増えてまた思い出が増えました…!

 

 

 最後にはあ〜ちゃんが「仕事とか学校とかみんな頑張ってきてくれてる。今日楽しかったね!私たちも頑張るからみんなも明日から頑張ってね!」と今回も言ってくれました。わたしはこの言葉がほんとうに大好き。NEWSの小山さんも言ってくれるけど、日常に応援の言葉を貰うと力がムキムキとわいてきて、無敵になった気がするんです。それでも心が折れそうになった時が来ても、また思い出したらもうちょっと頑張ろうと思える、それほどの力があります。日常に寄り添ってくれてありがとう。

 

 

3人が「これからもPerfumeを続けていきます、期待していてください」とも言ってくれたけど、それがなんて幸せなんなんだろう、と改めて感じました。北米ツアーの話も、MSGの夢も、3人はあんなに細い体にいろんな人の夢を背負って居るんだな、自分の夢を叶えながら私たちに夢を見続けさせてくれるんだな、と改めて思うとめちゃくちゃに泣けてきて。

Perfumeは道を切り開いて進んでいく唯一無二の存在で、Perfumeの前に道は無いんだけどPerfumeの後ろには道がある。でも優秀なスタッフとメンバーを揃えたって真似すらも出来ないくらいPerfumeは素晴らしい人々と努力と上昇志向と、挑戦と…いろいろなものの奇跡のような集合体で、その奇跡の、美しい現象を目の当たりに出来ているわたしは本当に幸せだなぁ。

 

 

Perfumeのライブは凄すぎて凄さの全てを理解出来ている気はしないのですが 笑

「お金かけたのは分かったけどそこに…?」「すごいのは分かるけどさぁ…?」みたいなお金も技術もあるのになんか惜しい、ということは全くなくて、お金も技術も全て完全なまでに無駄なく作用されているのがまずすごいなぁと思います。そして7500円でこのライブが見れるの、コスパが良いっていうか良すぎて大丈夫…?って言いたくなる。

演出陣と3人がお互いの魅力を最大限に引き出しているのも、3人が演出に全く負けないのも、演出陣の最高の力で3人を輝かせようっていう意気込みも、そうさせる3人の努力の説得力も人徳も、全てが素晴らしい。

あれだけ最新技術を尽くしているのに、人間臭さを出せて、自分たちの魅力を出せる3人のすごさも。(Perfumeのライブは無機質のように思われているかもしれないけど、生身の人間のPerfumeが溢れているのもとても好きなところです。)

 

派手な演出無しにただ3人が居るだけでも3人のファンであるわたしは大満足なんだけど、このPerfumeというとてつもない集合体、現象を1度体験すると離れられなくなる、体験し続けていたくなる…3人に惚れ込んで、楽曲に惚れ込んで…こんなに圧倒的な演出まで加わったら好きしかない、嫌いになれない。なろうともしないけど。笑  合法的な麻薬かな。笑

 

最近はテレビの影響でPerfumeのライブ行ってみたい!っていう友達や知り合いが増えて嬉しい限りです。みんなPerfumeのライブ行ってみよう〜♡後悔はさせないよ!

 

 

そして2015年の映画、このツアーの軸となるアルバム発売にあたっての雑誌インタビューでも触れられることが大きくなってきた、Perfumeの未来。

 

ここからはとてつもなく個人的な気持ちで、なんの責任も持てないのですが。

20代後半を過ぎてもなおアイドルとして活動している女性が少ないというか知らないことや、世間の女性が歳を重ねることへの当たりの強さから「私が好きなように追いかけられるようになった時、Perfumeはまだ活動しているのかな」と以前は考えていました。でもそんな考えはPerfumeに失礼だ、そんな域でPerfumeは活動していない。とその考えがなくなったのがこのアルバム発売期でした。わたしは女性アイドルが好きだけど、性別を売ったり、歳を重ねたら「イタい」とマイナスに捉えられる風潮がきらいで仕方なくて、考えるだけで悲しくもなるのですが、Perfumeの振付師であるMIKIKO先生の

日本はまだ、女の人が若さを失うことはマイナスだという世の中ですよね。でも本当はそうじゃなくて、年を重ねることは楽しくて、自分自身の財産が増えていくということ。表現にだって幅ができていきます。年相応がすてきで肯定したいことだというメッセージは、Perfumeのパフォーマンスを通して、伝えていきたいことの一つです」

高校生、大学生の頃はなるべく直線的に、ラインを出さない振付けを心がけていたのですが、今は、3人の変化に合わせて品のいい曲線のラインも加えての表現を追求していますね。

これからも、彼女たちの年齢に応じて、その時がいちばん輝く見せ方を作っていけたらいいなと思っています。それは例えば、かわいさであったり女の子であること、性別を売りにしない表現ということ。それが、3人の自信にもつながっていってほしい。                     

という言葉を聞けて改めてPerfumeという集合体に惚れ直し、風潮に縛られていて固定観念を持っていたなぁ…と反省し、心配は無用だと思いました。

 

でもそれとは別に、以前は「活動休止とかあったら無理死んじゃう辞めて…どんなにゆっくりなペースでもいいから続けて…」みたいな気持ちで活動休止が実際起きるかもなんて想像もしたくないし出来なかったしその事を考えるだけで泣きそうだったけど、今回のツアーの公演後「来るべくものなのかもしれないな。それが遠くはない未来なのかもしれないな。」と感じました。不安とかでもなく漠然と。

そして、受け入れたくない気持ちはあるけど、静かに受け入れそうな自分ができていました。

 

いや、解散宣言なんてされてないし、まだまだ進んでいきますと言ってくれたのだけどね。

夢を設定して、叶えて、また設定して、と進んできたPerfumeだけど、終わりを決めるのも3人で。

のっちの言う「幕を自ら引く」時が来てもパニックで騒ぐとかでもなく「あぁ、来たな」と受け入れている自分が想像できたというか。

 

 

わたしは3人のことがほんとうにほんとうに大好きで出来るだけ幸せを感じていて欲しいし芸能生活でも、いち人間としても、ほんとうにこの上なく幸せになって欲しいと思っているので(これは私が応援しているほかの芸能人に対しても思っている)、3人の選択がどうであれ応援したいしたいし、どんな形になってもPerfumeでいたいというPerfumeをずっと応援したいという気持ちはきっと死ぬまであると思います。(激重)

 

何を書いているのか分からなくなってきたけど、このツアーを経て、わたしはいつまでも3人の決断、進む道に着いていくのだなぁ、3人の幸せをとにかく願ってるんだなぁと思いました。

 

待ちに待った、待ちわび続けた久しぶりのPerfumeはとびきりカッコよくて可愛くて美しかったです。好きになってよかった!好きになったわたし見る目あるわぁ!とPerfumeファンになった自分を誇りに思える3人です。半年以上に渡るツアーお疲れ様でした。これからも大好きです。Perfumeはいつまでもわたしの最高のアイドルです。3人のいままでの選択やこれからの選択、挑戦が3人の未来を幸せなものにしてくれますように。